ボロブドゥール遺跡の宝庫観光スポットイベント情報ジャワ島情報お食事処ジョグジャ お土産暮らしあれこれリンク
ジョグジャカルタの旅行会社です。インドネシアのバリ島&ジャカルタから飛行機で1時間。ユネスコ世界遺産 ボロブドゥール、プランバナン、サンギラン。ディエン高原、ソロなど中部ジャワ島各地への現地発日本語ツアー、ブロモ山観光、ホテル予約、インドネシア語学留学、ホームステイなどお手配致しております。お気軽にお問い合わせください。

ジョグジャカルタ特別州
観光通信郵政省登録旅行業
Licence No.188.4/2174

インドネシア旅行業協会
正会員 会員番号
0125/XI/DPP/2002
asita

【プランバナン観光公園】

公園内その他寺院

ルンブン寺院

プランバナンルンブン寺院はプランバナン観光公園内、ロロ・ジョングラン寺院の北隣に位置する仏教遺跡であり、シャイレンドラ王朝のインドラ王時代に出されたクルラックの碑文 ( ルンブン寺院の真西で発見された ) によると 782 年頃にマンジュシュリ像をまつるために建てられたと推定される。 1 棟の主堂と 16 基のペルワラから成り、東向きの主堂を取り囲むようにペルワラが配置されており、周囲に壁はない。すでにいくつかのペルワラは修復済みであり、現在も修復作業が続けられている。


ブブラー寺院

プランバナンブブラー寺院はルンブン寺院の真北に位置する仏教遺跡である。プランバナン観光公園内にあるが、いまだその建造物は発見当時のままといっても過言ではなく、復元されない未復元の石が寺院西側に放置されたままになっている。他の多くの寺院の場合と同じく、発見された彫像のいくつかは、オランダ植民地時代にその所有権がうやむやなまま運び出されてしまっており、現在では個人のコレクションになってしまったものもある。


セウ寺院

プランバナンプランバナンプランバナン観光公園内北端に位置するセウ寺院は、マンジュシュリグワの碑文によると 792 年に菩薩を奉るために建立された仏教遺跡である。近隣のルンブン寺院、ブブラー寺院と同様にセウ寺院も東向きに建てられている。まず目に付くのが東側入り口に置かれた高さ 2.5m はあろうかという 2 体のグパラ像 ( 通称ラクササ像 ) 。寺院の構成は内苑に 1 棟の十字型主堂があり、第二苑に 8 基のチャンディ・アピット、 240 基のペルワラがある。囲繞壁によって 3 つの苑に分けられている。第三苑に建造物があったかどうかはまだ明らかになっておらず、専門家の間でも意見が分かれる。