ボロブドゥール遺跡の宝庫観光スポットイベント情報ジャワ島情報お食事処ジョグジャ お土産暮らしあれこれリンク
ジョグジャカルタの旅行会社です。インドネシアのバリ島&ジャカルタから飛行機で1時間。ユネスコ世界遺産 ボロブドゥール、プランバナン、サンギラン。ディエン高原、ソロなど中部ジャワ島各地への現地発日本語ツアー、ブロモ山観光、ホテル予約、インドネシア語学留学、ホームステイなどお手配致しております。お気軽にお問い合わせください。

ジョグジャカルタ特別州
観光通信郵政省登録旅行業
Licence No.188.4/2174

インドネシア旅行業協会
正会員 会員番号
0125/XI/DPP/2002
asita

ジョグジャカルタ 生活

サッカリン

インドネシアの中でもジョグジャ人の甘いもの好きは有名です。ジュースなんて舌が痺れるほどの激甘ぶり。糖尿にならへんの?といつも思いますが、やっぱり糖尿の人は多いみたいです。まっ、それは食文化ですからいいとして、ちょっとやばいのがサッカリン。道端の屋台や安食堂の飲み物なんかには結構使われてるんです。なぜかっていうと、お砂糖より安いから。緑豆を煮たお汁粉(ブブール カチャン ヒジョ略してブルジョ)や、フルーツや寒天がはいったかき氷(エス チャンプル)なんかもサッカリン使用率が高い!

かくいう私もつい最近まで、何も知らずに食べてました…が、最近近所のブルジョ屋さんでいつものようにブルジョをお持ち帰りにしてもらって、ビニール袋からお皿に移し、指についた汁をぺろっとなめたところ、吐き気がするくらいの甘さ。で、ジャスに「今日のブルジョ超甘いわ」と言ったところ、「サッカリンのりょう、いれまちがえたんじゃないの?あれってちょっとだけですっごいあまいから」って平気な顔して言うんです。奴は知ってたんですよ。サッカリンの存在を!じゃあ昔から言えっつーの!

それでも、今いち信用できない私は行きました。市場とお菓子材料屋さんに。そしたら見事にありました。見た目は普通のお砂糖(といってもこちらの砂糖はざらめ糖です)と変わりなく、ちょっとうす茶色っぽいざらざらのグラニュー糖って感じ。ひとなめしてみると気絶しそうな味でした。はい。皆様もB級グルメに挑戦するときはお気をつけて。

ろうで揚げたクルプック!?

これまた、最近知ったんですが。そのへんの食堂ならどこにでもあるクルプック。1枚100ルピア(最近はちょっとサイズが大きくなって200ルピアのところもある)。こちらの人はご飯を食べながらパリパリ、もしくはスープなんかにジュワッとひたして常食にしています。こいつがまた曲者らしい。蝋で揚げてるっていうんですよ。ジャスは。「だってあぶらつかって、そのねだんじゃもうかんないでしょ」って。確かにそうですけど、ろうって食べるものなのか???それとも食用蝋なんてのがあるのか???誰かご存知の方がいらっしゃったら教えて下さい。これはまだ未確認なので、近いうちにクルップック揚げ屋さんにチェックに行こうと思ってます。