ボロブドゥール遺跡の宝庫観光スポットイベント情報ジャワ島情報お食事処ジョグジャ お土産暮らしあれこれリンク
ジョグジャカルタの旅行会社です。インドネシアのバリ島&ジャカルタから飛行機で1時間。ユネスコ世界遺産 ボロブドゥール、プランバナン、サンギラン。ディエン高原、ソロなど中部ジャワ島各地への現地発日本語ツアー、ブロモ山観光、ホテル予約、インドネシア語学留学、ホームステイなどお手配致しております。お気軽にお問い合わせください。

ジョグジャカルタ特別州
観光通信郵政省登録旅行業
Licence No.188.4/2174

インドネシア旅行業協会
正会員 会員番号
0125/XI/DPP/2002
asita

ジョグジャカルタ 生活

火山灰  2010年10月30日(土)

2010年10月30日 火山灰

今朝、いつもどおりの早朝4時過ぎ、メッシがごそごそしているので目が覚める。 ん?なんか硫黄臭いぞ?と隣で眠っている息子の寝屁を疑いつつ、ドアを開けると、、、、!え?なに?外は一面灰だらけ。 

正体は昨夜未明に噴火した、ムラピ山の火山灰でした。

2010年10月23日、火山灰降り注ぐ。

ウチはムラピ山から南へ20キロ、風にのって飛んできたようだ。 灰だらけにもかかわらず、いつもと変らずお尻ふりふり外へ出たがっている。 朝イチのメッシおしっこタイム。 いつもは10分ほどなのだけれど、あまりの景色に、近所をうろついて小一時間。 明るくなってきた。

カリウラン通りと北リングロードの交差点

すごいことになっているが、一応、息子を学校まで送る。 朝6時発。 普段は車で10分で到着するのだが、今朝は道路に舞う火山灰で視界が10メートルもない。 ランプをつけて徐行、30分もかかってしまった。 

息子の学校は、ガジャマダ大学コンプレックス内。 ここでも灰はたっぷり積もっていて、約3キロ北のウチとほとんど変りがない状態。 どのあたりまで、火山灰が飛来しているのか。 そのまま南、ジョグジャカルタ市内中心部へ向かう。

スディルマン通り 前方にマクドナルドがみえる

スディルマン通り、通行量が多いためか、道路中心部の灰はすでに飛散してアスファルトがみえている。 このあたりまで?と思いつつ西へむかって直進。

トゥグまで火山灰が。

トゥグ周辺には、まだまだたくさんの火山灰が積もっていた。 このあたりは火口から南へ25キロ地点です。

マリオボロ通りの真ん中あたり ここでも火山灰が。

マリオボロ通りもスディルマン通りとほぼ同様の状態。 車道中心部は灰が吹き飛んでアスファルトがみえているが、路肩には行き場のない火山灰が降り積もって、白くなっている。

中央郵便局も灰。。。

マリオボロ通り南端。 中央郵便局前まで南下したのに、まだ灰がある。 う〜む。

王宮前、ベチャ駐輪場。 ここも白い。

聖域、王宮前のベチャ駐輪場。 ここまでしっかり降灰の後がある。

水の宮殿 かなりうすいが灰は確かに降っている

水の宮殿、王宮北側に比べ、積もっている灰の量が少ない。 エンジェのお客様が通常お立ち寄りになる最南端は水の宮殿。 ムラピ山火口から30キロ強。 王宮ならびに水の宮殿ともに、埃っぽくはあるけれど、普通に訪問できる状態であることを確認したので、一安心。 ここまで来ると、空も少し青い。 

ここから南へは向かわず、東のジョグジャカルタ空港方面へ移動します。 つづく。。。

写真はすべて2010年10月30日午前8時前までに撮影したものです。