ボロブドゥール遺跡の宝庫観光スポットイベント情報ジャワ島情報お食事処ジョグジャ お土産暮らしあれこれリンク
ジョグジャカルタの旅行会社です。インドネシアのバリ島&ジャカルタから飛行機で1時間。ユネスコ世界遺産 ボロブドゥール、プランバナン、サンギラン。ディエン高原、ソロなど中部ジャワ島各地への現地発日本語ツアー、ブロモ山観光、ホテル予約、インドネシア語学留学、ホームステイなどお手配致しております。お気軽にお問い合わせください。

ジョグジャカルタ特別州
観光通信郵政省登録旅行業
Licence No.188.4/2174

インドネシア旅行業協会
正会員 会員番号
0125/XI/DPP/2002
asita

ジョグジャカルタ 生活

日本語を話すお医者さん

ジョグジャで一番日本語が上手なお医者さんは、ずばり、サルジト病院勤務のユダ先生でしょう。神戸大学で5年間学ばれたそうで、「日本語は使わないから、いっぱい忘れちゃいましたよ」と、とても流暢にお話になられます。小児科の先生ですが、万一ジョグジャで病気になってしまったら、相談してみると心強いですよ。ただし、まだまだ研究に専念したいとのお考えで診療所は開いておられないので、サルジト病院の勤務時間中(だいたい朝8:00から夕方4時頃まで、金曜日はお昼前まで)に小児科病棟に行ってみるとお会いできます。

このサルジト病院というのは公立で、ガジャマダ大学の大学病院にあたる存在といっていいと思います。この病院はなぜかあまり評判が良くないのですが、医師の質と数はジョグジャで最高だと私は思っています。評判が良くない理由はたぶん看護婦さんが忙しすぎて愛想がないとか、公立なので建物を始めとして設備が高級でないのでそう言われるのではないかと個人的には感じています。

もうおひとりご紹介します。2001年2月、ベテスダ病院の院長先生に就任されたスギヤント先生。実はこの先生も日本に留学されたことがあるので、日本語がお上手です。ただ、院長就任後は大変お忙しいそうで、病院での診療は1週間に1度くらいしかしていらっしゃいません。が、マンクブミ通りで夕方診療所を開いておられるので、万一ジョグジャで病気になってしまった場合、訪ねてみられるのもよいかもしれません。確か脳神経科か何かそんな感じのものがご専門だと記憶しています。(違ってたらごめんなさい)ちなみにベテスダ病院というのはプロテスタント系の私立病院で、ジョグジャで一番高級な病院といわれています。この病院では日本の主な保険会社の旅行保険に入っていれば、キャッシュレスで治療が受けられます。ちなみに、つい最近入院した知人によると、ICUで1日お世話になると、なんと100万ルピア(約1万5千円)かかるそうです。うっかりビョウキにもなれません。