ボロブドゥール遺跡の宝庫観光スポットイベント情報ジャワ島情報お食事処ジョグジャ お土産暮らしあれこれリンク
ジョグジャカルタの旅行会社です。インドネシアのバリ島&ジャカルタから飛行機で1時間。ユネスコ世界遺産 ボロブドゥール、プランバナン、サンギラン。ディエン高原、ソロなど中部ジャワ島各地への現地発日本語ツアー、ブロモ山観光、ホテル予約、インドネシア語学留学、ホームステイなどお手配致しております。お気軽にお問い合わせください。

ジョグジャカルタ特別州
観光通信郵政省登録旅行業
Licence No.188.4/2174

インドネシア旅行業協会
正会員 会員番号
0125/XI/DPP/2002
asita

ジョグジャカルタ 生活

ちんちんダニ

こちらではシラミはまだまだ健在です。先日も近所の小学生アルド君が頭をポリポリ掻いていたので、どうしたのか尋ねると、「シラミ」という返事。チャンスと思いアルド君の頭をじっくり観察させてもらいました。すると髪の毛の根元部分にちょっと長細い卵らしきものがいっぱい。ペディトックスという液体のシラミ撃退薬が2000ルピアくらいで市販されているようです。が、アルド君の話によると、しょっちゅう頭を洗ったり、お母さんに取ってもらったりしているうちに、自然といなくなるとのこと。普通、シラミごときに薬は使わないようです。

2歳半になるうちの息子は毎日裏の田んぼで遊んでいるのですが、急にちんちんが痒いと言って怒り始めたので、アリにでもくわれたかと思いチェックしてみたのですが何もなし。それでもぐずぐずがおさまらないので、どうしたもんかなあと思っていると、これまた近所の小学生リヤン君が「たぶんダニだよ。タマにいるんじゃん?あかくてちっこいやつ」と教えてくれたので、よく見てみると、朱色がかった毒々しい赤色をした針の先ほどもない小ささの点がタマのしわにめりこんでいました。最初は爪でとろうとしたのですが取れない。どうすっかなあと困っていたところ、リヤンのお父さんが「灯油をつけりゃあ勝手に取れるよ」とアドバイスをくれたのですが、これも駄目(何回も塗らないといけないらしい)。次はアルド君のお父さんがセロテープでペタペタやると取れるよってんでやってみたけど、粘着力弱すぎ。ここで、ハッと思い出したのが”かゆみどめパッチ”。ペタッとはりつけてすぐにビロビロビローっとはがしたところ、ものの見事に取れました。かゆみどめパッチ万歳!

その後も何度かちんちんが痒いといっては、速攻パッチでちんちんダニ撃退完了。たぶんこのちんちんダニはジョグジャだけでなく他の地方にもいると予測されますので、特に男の子を連れたインドネシア旅行の際はかゆみどめパッチをお忘れなく。蚊も多いので重宝します。ちなみに大人にはつかないらしいこのちんちんダニ、こちらではとてもポピュラーなんですが、日本にもいるんでしょうか?それともシラミみたいに今の日本にはもういないんでしょうか? (2002.May)

虹色のひよこ

小学生の頃(70年代です)、学校帰りに門の脇で虹色に染まったひよこがよく売られていて、いつも欲しいなあと思っていたのは私だけではないハズ。あと砂絵セットだとか、その他もろもろ。
さて、こちらでは何が売られていると思います? シール、アニメカード、ビー玉、風船なんかの定番商品はさておき、流石インドネシアだっ!という商品はズバリ”使用済み注射器 100ルピアなり”。もちろん針は抜いてあるようですが、やばいですよねえ。これって。日本人の私としては、そんなもん何の菌が付いてるか分かったもんじゃないし、超危ない、と思うんですけど、幼稚園年長さんのキサちゃんは水を吸い上げては吹き出しを繰り返し楽しそう。でもその水をうちの息子に吹きかけるのは止めてくれー。お願いだから。でも、キサちゃんのお母さんも特に気にかけない様子なので、こちらではなんでもないことみたいです。こういう事態に遭遇するたびに、私って神経質すぎんのかなあ?とか考えてしまいます。でもって、日本の友人にメールを送り、「私がおかしいんとちゃうよなあ?使用済み注射器っておもちゃにしていいわけないよなあ?」と確認して安心するわけです。

注射器はさておき、あとよく売られているのがヤドカリ。季節限定ですが人気商品らしく、おっちゃんが売りに来たあとは近所の子供みんなヤドカリに夢中になっています。直径2センチくらいのが1匹100ルピア、5センチ級になると500ルピアだそう。子供のおこずかい狙いという商売法は同じでも、商品にお国柄が出てますね。ところで、虹色のひよこ、今でもまだあるのかなあ?
(2002.Jun)