ボロブドゥール遺跡の宝庫観光スポットイベント情報ジャワ島情報お食事処ジョグジャ お土産暮らしあれこれリンク
ジョグジャカルタの旅行会社です。インドネシアのバリ島&ジャカルタから飛行機で1時間。ユネスコ世界遺産 ボロブドゥール、プランバナン、サンギラン。ディエン高原、ソロなど中部ジャワ島各地への現地発日本語ツアー、ブロモ山観光、ホテル予約、インドネシア語学留学、ホームステイなどお手配致しております。お気軽にお問い合わせください。

ジョグジャカルタ特別州
観光通信郵政省登録旅行業
Licence No.188.4/2174

インドネシア旅行業協会
正会員 会員番号
0125/XI/DPP/2002
asita

2006年11月編

2006年11月30日  蓮とスイレン

ご隠居さん的園芸な日々を送っているジャス。最近では蓮系植物を眺めてボ〜ッ。

以前、某ホテルから蓮の種を分けてもらって植えておいたところ、芽が出てきたもんだから、マイブームにますます拍車がかかる。

←お寺の蓮。真っ白で大輪の花も葉っぱもものすごく立派。

こんなすばらしい蓮はジョグジャのどこにもないハズ。ホテルでお飾りに使っているものとは一味違う・・・

 

 

←ハイアットの蓮。

ジョグジャのホテルのなかでは、池やら蓮やら庭園やら、一番綺麗で好き。友人を待つひと時もロビーより外がいい。

レンコンが出来てたらわけて欲しいなあ、水面下が気になる。。。ココに来ると、胡麻キンピラレンコンを思い出すのはあたくしです。


←アマンジヲのスイレン。

半年ほど前の写真だけど、今もきっとそのまんま。どこにでもあるタイプだけど綺麗です。

宿泊料は目玉が飛び出るほどなんだから、アッと驚く美珍種を浮かべて欲しい、と泊まれないくせにつぶやいてみる。


2006年11月25日  信号機

最近、ジョグジャ市内にぽつぽつとお目見えしているのが、この待ち時間表示付き信号機。

ジョグジャ人って普段の動きは超ゆっくりなのに、ハンドルを握ると人格が変わる。

譲り合いの精神なんて100%消失。とにかく自分さえ進めればOK状態で、まわりの状況なんてちっとも見ちゃいない。

約束の時間に平気で1時間遅れたりするのに、移動時のみ激しく急いでいるのは何故?不思議だ。

 

 

2006年11月18日  菩提樹

”ぼだいじゅ”ってこんな↓木なんです。みなさまご存知でした?


が、しかし、ムンドゥット寺院にある←コノ 巨木がボダイジュだと、あたくしは思っていたんですよ。根っこがブラブラと枝から垂れ下がってるあれです。

でも、こちらはガジュマル。ぜんぜん違ってました。

お釈迦さまが悟りをひらいたときに座っておられたのが菩提樹の下なんだ、と自慢気に語るジャス。聖木を某所よりゲットしてきて毎日満足気に眺めている姿はまるでご隠居さん。平和だ。


2006年11月11日  7歳

おかげ様で息子も無事七歳になりました。

←こんなことばっかりして遊んでる幸せものです。


2006年11月03日  収穫!

種蒔き後、51日目にしての初収穫は4本でした。予想外なすんばらしい出来栄え。どうだー!

しかも摘みたての自家製新鮮無農薬キュウリの旨いことといったらもう。あたくしの貧弱な語彙では表現できません。

スローフードな生活・・・なんてかっちょいい言葉にはほど遠いけど、へなちょこ家庭菜園、はまってます。


2006年11月02日  再会

息子の初めてのお友達が6年ぶりに来ジョグ。

最後に会ったのはまだ一歳前だったので、感動の再会!というわけもなく、お互いまったく覚えていなかった。

でもまあ、そこはこども。Rちゃんが持ってきたムシキングのカードで早速仲良く遊ぶ。


小1になったふたりを記念撮影・・・とカメラを構えても、こんな顔しかしてくれないふたり。それなりに一生懸命育ててんのによぉ。

日本とジョグジャ、まったく違う環境で育っているふたり。今度会えるのはいつの日か。


2006年11月01日  きゅうりネット

きゅうり栽培には支えが必要・・・なのは うすうす勘付いていたが、棒っきれなんかをぶっさしとけばOK、と思っていた。

Mちゃんが日本から”きゅうりネット”とやらを持ってきてくれていた。「実家でも180円で売ってんねやけど、100円ショップで買ったんですぅ。」だと。

イザ張ろうとしたが、素人では埒があかない。早速、畑から実家へ電話をかけるMちゃん・・・だから、80円の差は専門店なりのアドバイスにあるねん・・・と思ったが、だまっておいた。


エンジェ日記トップへ>>