ボロブドゥール遺跡の宝庫観光スポットイベント情報ジャワ島情報お食事処ジョグジャ お土産暮らしあれこれリンク
ジョグジャカルタの旅行会社です。インドネシアのバリ島&ジャカルタから飛行機で1時間。ユネスコ世界遺産 ボロブドゥール、プランバナン、サンギラン。ディエン高原、ソロなど中部ジャワ島各地への現地発日本語ツアー、ブロモ山観光、ホテル予約、インドネシア語学留学、ホームステイなどお手配致しております。お気軽にお問い合わせください。

ジョグジャカルタ特別州
観光通信郵政省登録旅行業
Licence No.188.4/2174

インドネシア旅行業協会
正会員 会員番号
0125/XI/DPP/2002
asita

2004年04月編

4/28 また爆弾
今度はジャカルタの国内線出発ターミナルで爆発事件がおきました。重軽傷をおったのは皆インドネシア人で11名といわれています。不幸中の幸いか死者は出ませんでした。昨日日曜日朝6時半ごろの出来事だったのですが、3時間後にはテレビ速報として流れていました。もうこういう事件のことばっかり書くのも少々嫌気がさしてきたので、書かないにしとこっかなあとか思ってたんですけど、今メディアプレーヤー9のダウンロードをしながらネットをウロチョロしてたらなんと2時間半たっても終わらなくって、行きたいサイトにはいきつくしてもうやることがないし、さっきサイトのアクセスログを見てみたら昨日の日曜日にアクセスしてくださった方が普段の数倍に跳ね上がっていたりして、やはりなにかおこると情報を必要としている方がいるんだなあ、ってことで反省しました。度重なる爆弾事件に、もうなんなのさインドネシアってば、とか思ってしまい、昨日と今日は主に田んぼで凧揚げして現実逃避してました。すんません。これからはイヤぁ〜なニュースでもちゃんとアップしますです。

4/19 なんでだろう
つい最近ボロブドゥールの入場料が8米ドルにあがった。ドメスティック料金は6,500ルピア。経営母体が同じプランバナンは従来の7米ドル、6,000ルピアのまんま。なんで?これまでボロブドゥールとプランバナンの入場料はずーっと同額だったので現場は?でいっぱい。しかも今回の値上げについて旅行業協会ジョグジャ支部からはお知らせきてないし。まっインドネシアだからこんなもんだ。

4/18 サパラン・ガンピン祭
いやあ参りました。メインのパソコン、ぶっ壊れてました。ここ3日間はこれまたいつぶっ飛ぶかわからない容量不足のサブノートでなんとかしのぎつつ、今日になってどーにかこーにか復活。ふぅ〜。
パソコンが壊れてもお祭りはあるもんで(当たり前)、異常に暑いにもかかわらず見てきました、別名人形首切り祭り。このお祭り発祥の地、アンバルクタワン村ゆかりの元ジョグジャカルタ王宮家臣、キ・ウィロ・スト氏の王様への忠誠心よ永遠にっ!という趣旨のお祭りなんだそう。今日は金曜日ながら祝日だったもんで、もんのすごい見物人の波にウゲウゲなりながらもステージ前まで何とか到着。とった写真がこれ。人形の首をちぎれるまでぶち切るという生贄え感覚のお祭りだというのは、事前に知っていたからまあいいとして、衝撃的だったのは高さ1メートルほどのステージにのぼって式に参加していらっしゃるおっちゃんのうち数人が超短パンご着用で、結構きわどかったっす。ゲゲッ。何しろ私は下方から見上げる以外に方法がないもんで・・・

4/10 35米ドル&30日間
こないだからお祭りだなんだとあちこちウロチョロしている間に4月ももう10日になってしまった。こないだのお祭り写真まだ加工してません・・・それにしても世の中いったいどうなっちゃうんでしょう?な〜んて私が言っても何の説得力もないのだけれど、ジョグジャでは2日に1回ほどの割合で反戦デモが続いており、多いときでは参加者が500人に及ぶ場合もあったり、例のSARS騒ぎはインドネシアでも大問題化し始めており、感染が確認された患者は国内ではまだ出ていないとはいえ、疑わしい患者は10人ほどいるとのこと。戦争やらSARSやらで観光業はえらいことになっているが、今日のニュースでは現行60日間の観光ビザ制度が見直され、日本人の観光目的のインドネシア滞在の場合、入国する際に空港で約35米ドルを支払いしかも30日しか滞在が許可されないという新しい制度案に大統領がすでにOKを出したとか。早ければ数週間後 、もしくは数ヵ月後に試行されるという。それでなくても旅行者が激減しているというのに、まったくふんだりけったりの新制度に対し、観光業界からは猛反発が出ているようだ。インドネシア人が日本へ行くときは観光ですら50米ドルほど支払ってビザを取得しなきゃいけないのに、日本人が無料かつ実質ビザなしで観光入国できるのは不公平だという理由らしいけど、これって自爆かも。

4/5 あちこちでお祭り

3日夜はウィドドマルタニ村でキ・アグン・ウォノレロ祭りがあった。とはいえ3日は夕方からついついむきになってバトミントンをしてしまって行かなかったけど、スタッフが写真を撮ってきてくれたのをみるとなかなかいい感じ。話によると去年あたりから結構大規模にやっているそう。でもって4日から6日まではムルティ・ブミ祭り。昨日4日はハラダが帰るので空港へ送って行った後でちょこっとだけお祭りを見に行った。このお祭りは活火山メラピ山の危険から護ってもらえるように神様にお願いするために行うんだそう。お水取りや大道芸ジャティランをちらっと見ただけだけれどなかなか面白かった。今日5日の夜もプログラムがあるのだけれどプンガジアンと呼ばれるイスラム教のお説教なんで私はいいや。パス。でも明日日曜日はばっちり出かける予定。ジャワちっくなパレードやら午後からはジャティランと呼ばれる村の大道芸?!みたいなのがあって、夜はワヤンクリッの予定らしい。うちの近所のじいさんの話によるとこういうお祭りは昔はどこの村でもあったそうだが、ここ20年ほどでかなり消滅してしまっているらしい。・・・が嬉しいことに最近ではこれらのお祭りが残っている地域では観光客誘致という目的もあって積極的に取り組んでいるところが多くなっているんだそう。あ〜見たかった!早く言えよぉ!という方、11日と18日にもお祭りありますよ。

4/4 北広場にサーカスが来る
スカテン祭りまであと1ヶ月。この時期王宮北広場は一大遊園地と化すのだが、今年はサーカスやイルカショーもある!と近所のこどもが大騒ぎしているので、そのうち行ってみなきゃ。

4/3 バトミントンだっ
ハラダが昔中学の頃バトミントンで都ナンバーワンだったと豪語するわ、夕方仕事を終えて帰ってきたジャスも「わたくしはうますぎてだれにもまけないんです」と言って引き下がらないので、それじゃってことで今夕はバトミントン。最近バトミントンを習い始めた 近所の小学校1年生のギサちゃんを誘いに行ったら、そこのオヤジが自分も強いぞ!というので、皆で村のコートへなだれ込み。最初はいつの間にか増えていた近所のこどもがそれぞれ遊んでいたのだけれど、もう一人近所で有名なバトミントン好きオッサンがやってきたので、ハラダ、ジャス、オヤジ、オッサンの4人がダブルスで闘うことになった。後者2人はちょっと肥満気味なので、ハラダは甘くみていたそうだが、ところがどっこいオヤジとオッサンはこれまで見たことがないくらい真剣かつ機敏な動きをみせる。驚きだ。インドネシアではバトミントンはサッカーと並ぶとも劣らないくらい人気のスポーツなんだけれど、それにしてもオッサン二人組みの強いこと!元都ナンバーワンも最後には狙い打ちにされてこてんぱんにやられてしまった。オッサン二人組みもすごいが実はジャスも凄かった。オッサンたちが舌を巻くくらいの腕前だったらしい。知らなかった。で、帰ってから「わたくしがおしえてあげましょうか?つよくなるよーに」とかいわれてしまった。くやしぃ〜。それはさておきオヤジのマイラケットはなんと25万ルピア(3,500円)もする代物だそうだ。ちなみにこのオヤジ、水道会社の職員で月給はせいぜい70万のハズ。ギサちゃんに買ってあげたラケットなんてもっと高くって35万もするらしい。月収の半分って・・・そういえば電気料金があがったというのにそこのコートはなんとナイター用の電気がこうこうとついていたし。バトミントンが上手いとこちらでは一気にヒーローになれちゃいます。

4/2 マリオボロは混んでいた
・・・で、ニュピ@プランバナンお粗末ながらアップしました。というわけで今日は祝日、ヒンドゥー教徒じゃない私には普通の休み。弟状態の友人ハラダがうちに遊びに来てくれているんだけれど、放っておっくとただ食べて寝てボーッとしているだけ。それで楽しいと言っているからまっそれはそれでいいのだけれど、一応何かしたいことある?と聞いてみたらTシャツが買いたいとか言うのでマリオボロへ行ってきた。戦争が始まったばかりのときは日曜でもモールはガラガラだったけれど、今日は道もモールも市場も大混雑。やっぱり月初めの祝日なので出たばっかりのお給料でお買い物といったところのよう。でもやっぱりジャワ人ばかりで、中華系も普段に比べて少ないし、外国人旅行者の姿もほとんど見かけない。モールでTシャツを買って、サーワンのアイスを食べながら次は市場へ。ちょうど昼過ぎで超暑かったけど日頃の運動不足解消にと歩いてみた。モールから南へ15分ほどでブリンハルジョ市場へ到着。到着といっても別に市場で何を見たいというあてもなく何となく来てみただけのハラダは、その人間の多さと、たぶんアジアのおばちゃんたちの熱気に疲れ気味なようだったので、こっちは気を利かせて「何か食べる?」と市場のなかにあるド汚いワルンを指差したのだが、「う〜ん・・・」と明らかに嫌そうだったので仕方ない、市場 を東につきぬけて帰ろうと思ったが、そういえば最近食べてなかったイトーのバッソを思い出し、そこなら食べれるだろうってことでとりあえず来た市バスに乗る。学生の頃はお世話になったものだけれど、最近はめっきり市バスに乗る機会もなく相変わらずの臭さにオエッとなりつつも3分ほどでイトー着。久々に美味いバッソを食べて帰宅とあいなりました。

4/1 プランバナンのニュピ
明日のニュピに備えて、ここジョグジャから17キロのプランバナン寺院でも今日お祭りがあった。朝6時頃からヒンドゥー教徒がプランバナンに集まりはじめ、お昼の1時半ごろまで行事は続いた。例年なら見学の外国人は100人そこそこはいるのに、今回に限って言えば欧米人が10人チョット。寂しいですな。行事に関する説明資料をたくさんもらって来てあるのだけれど、ボロブドゥールのワイサックのときと同じく宗教関連、内容が難しい。そのうちなんとかします。5体ほどあった悪魔のオゴオゴ写真なんかもアップは明日以降に。


エンジェ日記トップへ>>